秋山純二容疑者の顔画像は?大阪市大正区でひき逃げ!飲酒運転?事故現場は?

3月3日大阪市大正区の路上でひき逃げ事件が発生し、秋山純二容疑者(67)が逮捕されました!

秋山容疑者の顔画像、事故原因、現場などについて詳しく調査していきます!

スポンサーリンク

事件概要

大阪府大阪市で3月3日に起きた死亡者がでてしまった交通事故…

転落事故と報道されていましたが、その後ひき逃げ事件によるものだったという事が判明しました…

大阪市で3日、「前の車から転落した」と通報があり、路上に倒れていた女性が搬送先の病院で死亡した。その後の捜査で女性はひき逃げされ死亡したことが分かり、68歳の無職の男が逮捕された。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、大阪市大正区の無職・秋山純二容疑者(68)。秋山容疑者は、3日午前5時ごろ、大正区三軒家東の路上で、近くに住む筒井カツミさん(67)を車ではね、そのまま逃走した疑いが持たれている。筒井さんは、搬送先の病院で死亡が確認された。

警察によると、最初の通報は「前の車から女性が転落した」というものだったが、その後の捜査でひき逃げの疑いが浮上。

秋山容疑者が通院する病院から「患者が事故を起こしたと言っている」と連絡があり、逮捕につながったという。

秋山容疑者は調べに対し、「相手は人ではなく物だと思った」と、一部容疑を否認している。

引用:0テレNEWS24

【事件詳細】

①事故は、3月3日午前5時ごろ、大正区三軒家東の路上で起きた。

②最初の通報は、「前の車から女性が転落した」というものだった。

③しかし、その後秋山容疑者が通院する病院から「患者が事故を起こしたと言っている」と連絡がありひき逃げ事件だと判明!

④秋山容疑者は調べに対し、「相手は人ではなく物だと思った」と、一部容疑を否認している。

ひき逃げ事件でお亡くなりになってしまった筒井カツミさんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

すぐに対応をすれば、助かった可能性もあるかもしれない命なのに無念でなりませんね…

加害者の秋山純二容疑者のプロフィール

引用:0テレNEWS24

名前:秋山 純二(あきやま じゅんじ)

年齢:68歳

職業:無職

住所:大阪市大正区

今回、ひき逃げ事故を起こしてしまった68歳の秋山容疑者。

68歳なのでまだご高齢ではないですが、秋山容疑者は通院中だったようです。

もし、何か体に不調があったのであれば運転は控えて頂きたかったですね…

秋山純二容疑者の顔画像は?

現在、秋山純二容疑者の顔画像は公開されていませんでした!

報道され次第追記致します。

SNSで顔画像の調査をしましたが、本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

秋山純二のFacebookアカウントの検索結果。

今後、情報が入り次第追記致します。

被害者筒井カツミさんプロフィール

引用:0テレNEWS24

名前:筒井 カツミ(つつい かつみ)

年齢:67歳

職業:不明

住所:大阪市大正区(事故現場の近くに住んでいた)

今回、事故にあってしまった筒井さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

67歳という事で今まで頑張ってきたのに急に絶たれてしまった命。

ご家族の事なども考えると心が痛みます。

スポンサーリンク

事故現場はどこ?

事故は、大正区三軒家東の路上で起きたと報道されていました。

事故現場の交差点が報道されていますたが、見通しは良さそうな交差点ですね。

事故現場のあった住所は、大阪府大阪市大正区三軒屋4丁目5-12の前の大きな道路のようですね。

片側3車線の道路を秋山容疑者が走行していた時に、筒井さんに衝突してそのまま逃走したようです。

GoogleMAPで調査致しました。

ストリートビューはこちら。

こちらが、TVで報道されていた事故現場の交差点の写真です。

事故原因とは?

今回、ひき逃げ事件が起きてしまった原因とは何なのでしょうか?

事故が起きたのは、朝方の午前5時。

事故は、秋山容疑者が通院先の病院で事故を起こしたと自ら話した事から判明しました!

この事から考えられるのは

●居眠り運転

●飲酒運転

●わき見運転による不注意

●通院していた病気による影響の不調

などが、考えられます。

しかし、調査によると

■秋山容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されており、酒気帯び運転の疑いでも捜査中です。

この事から、朝方5時に起きた事故ですし、夜中から飲酒をし事故を起こした飲酒運転の可能性が一番高いと思われますね。

もし、飲酒運転によるひき逃げ事件なら許される事故ではありませんね!!

容疑を否認!?

秋山容疑者は、容疑を否認しているようです。

「相手は人ではなく物だと思った」

うーん。

空き缶を踏みつけただけでも、結構な衝撃がくるのに死亡事故を起こしておきながら人ではなくて物だと思ったという供述は、言い訳に聞こえてなりません。

もし、飲酒運転だったならばその衝撃が判断できないくらいに酔っぱらっていたのでしょうか?

そもそも、人身事故を起こすとどのような衝撃がくるのでしょうか?

ひき逃げ事故の衝撃とは?

ネット情報では、このような書き込みがありました。

体重50~60kgくらいの肉の塊がぶつかるんですから、音がする程度じゃ済まないですよ。
ハンドルが取られるような感じになったり、おもいっきり何かに乗り上げたような衝撃があったり、
確実にわかりますよ。

一度駐車場にある車止めとか乗り上げてみたらわかると思います。
尋常じゃない衝撃ありますから。

引用:Yahoo!知恵袋

秋山容疑者の起こした事故の場合は、最初の通報が

「前の車から女性が転落した」

というものだった事から、ボンネットに被害者が乗り上げてしまい転落し、ひき逃げの可能性が高いように思えます。

人身事故の衝撃に気付かないという事は、考えられないと思いますね。

ネットの反応

早く逮捕されて良かった。轢き逃げとか飲酒死亡事故とか明らかに遺族は極刑を望むのに一人死亡は何人、とかの基準で裁判されるのが悔しい。恩赦制度も改元を機に復活案も出ているとか。
冗談じゃない。なぜ日本は被害者が泣き寝入りする裁判ばかりが多いのだろうか。
 

最近の年寄りは言い訳をすればゴネ得できるとでも思っているのだろうか?

人と物の区別がつかないジジイは運転するな。
もう高齢者に運転させてはアカン。

都合のいい言い訳にはならない!
人か物かぐらい分かるでしょ!
 

引用:Yahoo!JAPAN!ニュース!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする