SNSを通じ売春をしていた男が逮捕。少女56人も淫行被害に!!SNSの恐怖・・・。

SNSでの性的被害が急上昇している・・・

30日までに、少女56人もと淫行をした住所不定・無職古館弘之被告が逮捕された。

その手口が酷すぎる!!

スポンサーリンク

少女56人がSNSで知り合った男により淫行被害に・・・

SNS被害
出典;www.huffingtonpost.jp

許されない事件が起きました。

住所不定・無職の男古館弘之被告が今年1月~9月、女子高校生6人にみだらな行為をして撮影をした上、

「インターネット上に動画を流す」

と脅すなどして千葉県警に逮捕されました。

さらに、千葉県警が古舘被告の携帯を、調べたところ2014年以降、30都道府県の13~17歳の中高生ら計56人が被害にあった事が分かりました。

3年間もの間、世間に知られずに56人もの少女が被害にあっていたなんて怖すぎますね・・・

今年、1月に被害にあった少女が千葉県警に相談し発覚しました!

そして、この男の卑劣な手口が発覚したのです!

男の卑劣な手口

お金

出典;momonestyle.com

古舘被告は、SNSを通じて多くの少女と出会いました。

インスタグラムや、LINEなどにコメントをし、仲良くなる

②少女らに『1回10万円』と持ち掛け会う事を約束。

③実際に合い、みだらな行為を動画で撮影し「インターネットで動画を流す」と脅迫

実際はお金が支払われなかった・・・

許せません!

しかし、今は中高生も携帯を持っているのが当たり前。

身近な人が巻き込まれる可能性もあるのです。

スポンサーリンク

SNS被害上昇

SNS 被害

出典;www.yomiuri.co.jp/science

現代では、中高生もスマホを持つのが当たり前の時代になっています。

中学生で50%以上、高校生では95%がスマホを所持しています。

それにより、現在犯罪にまきこまれてしまうツールが、普通のコミュニティサイト。

インスタグラム、Twitter、LINEなどなのです。

中高生のSNS被害者は毎年増え続け1年間で約2000人近くも被害にあっているというのです。

今回56人もの被害者がいたのに、3年間も事件化しなかったように明るみにでていない被害も多くあるのでしょう。

子供達が被害にあわないように保護者もコミュニティサイトの使い方を指導していかなければなりません。

保護者がしていく対策は?


出典;www.bengo4.com

保護者の対策としては【子供のお金と時間に注意する事】が大切です。

子供の金遣いが急に荒くなってないか?高価な品物を持っていないか?

学校や、クラブ活動以外で外出が増えていないか?

親が、子供のお金と時間に関心を持ち見守っていく事は凄く重要です。

どうか、このような被害が減りますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする