白井良宗の顔画像・車種は?国内史上最悪の法定速度135キロオーバーで逮捕。

国内史上最悪のスピード違反で会社員の白井良宗容疑者(41)が逮捕されました。

東京都国立市の中央自動車道で法定速度を135キロもオーバーし、235キロで走行しました。

白井容疑者は、容疑を否認しているというが、余罪も多くあるとみられています…

スポンサーリンク

事件概要

事件が、起きたのは2年以上前の2016年1月29日です。

白井良宗容疑者(41)は2016年1月、東京・国立市の中央道で、車を運転していた際、法定の最高速度を130km以上もオーバーした時速235kmで走行した疑いが持たれている。

白井容疑者は、当時、アメリカ製の車に乗っていて自動速度違反取り締まり装置の画像には、猛スピードで走る様子が映っていた。

白井容疑者は「自分かどうかわからないので、認めません」などと容疑を否認しているが、警視庁は、ほかにもスピード違反を繰り返していたとみて捜査している。
時速230km以上のスピード違反の検挙は、全国で初めて。

日本の高速道路を、235キロで走るとはかなり危険な行為ですよね!

事故が起きなくて本当によかったです。

白井容疑者は、「自分かどうかわからないので、認めません」と容疑を否認していますが、前面のナンバープレートを外していたようで確信犯に思えてしまいます。

オービスにも、白井容疑者の車がうつっており警察は白石容疑者だとみて捜査をしています。

もし本当にスピード違反をしていたのなら、危険すぎますし、免許を取り上げた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

白井良宗の顔画像は?



出典;0テレNEWS24

白石良宗

出典;0テレNEWS24

白井良宗容疑者の顔画像は、NEWSで報道されていました。

しかし、逮捕されているのに始終笑顔なのです。

なぜ、笑えるのでしょうか…?

41歳という事ですが、少し老けてみえますね。

白井容疑者の車種は?

今回、アメリカ製の車に乗っていたという事ですが、135キロもオーバー。

どのような車なのでしょうか?

白井容疑者の車は『ダッジ・チャレンジャー』だったと発表されています。

モンスター級スポーツカーで、排気量は6400CCあり、最高速度は300キロを超えるのです。

ダッジ・チャレンジャー

出典;みんカラ

本体価格は、400万~900万円もする高級車で『世界最速の車』と呼ばれているようです。

動画を、見て頂くとブォォォーという爆音で走行する事が分かります。

サーキット場でも、よく救急車などもきていますし、高速で爆音で235キロの走行はかなり恐ろしい光景ですよね。

白井良宗のプロフィール

名前:白井 良宗(しらい よしむね)

年齢:41歳

職業:会社員

住所:東京都世田谷区世田谷

余罪も多く確認されている

これまでに同じ車で5回以上のスピード違反を繰り返していたとみられる白井容疑者。おととしには都内の別のオービスに向かって中指を立てながらスピード違反をする姿も映っていたという。

白井容疑者には、少なくとも5件以上の余罪があるとして捜査しています。

というのも、2015年以降に同じ車でのスピード違反の記録がオービスで確認されています。

2015年には、運転席でオービスのカメラに向かって中指を立てている写真も確認されています。

白井容疑者は、

●逮捕されても笑っている

●オービスに中指を立てて挑発

●前面のナンバープレートを外して走行

もし、本当に白井容疑者がやっていたのなら精神状態も疑ってしまいます…

ネットの反応

見た目、おじいちゃん。やることは、子供やね。免許って、大事じゃないのかな〜。 

なんでわらってるの?糖質か。 

こんなおっちゃんに200キロオーバーの外車所有出来る経済力があるのが悔しい(笑) 

派手に飛ばしすぎた。って感じかな。
220くらいは欧州車はメーター切ってあるから一般的にあり得るレベルだと思う。
しかし日本じゃ180基準だから非難の的になるのは致し方ないね

そんなに急いで何処へ行く?てかナンバープレート外してたって報道も 確信犯やん️ 

人身事故にならなくて良かった。 

引用:Yahoo!JAPANニュース

まとめ

今回、2年も前の事件が満を持しての逮捕となりました。

今回、国内史上最悪のスピード違反となりましたが、事故が起きてからでは取り返しがつきません。

白井容疑者は、容疑を否認していますがもしこのようなスピード違反を犯していたなら二度と起こさないように反省してほしいですね。

交通ルールは、みんなで守っていかないといけませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする