路上で頭を踏みつけ71歳の男性を意識不明に!小曽根清孝容疑者の犯行動機は?

10月27日の夜、茨城県ひたちなか市の路上で47歳の小曽根清孝容疑者71歳の男性の頭を踏みつけ、脳挫傷で意識不明の重体!

という衝撃の事件が起きました…

殺人未遂にまで発展した犯行動機とは?

スポンサーリンク

 事件概要

引用:テレ朝news

47歳の男性が路上トラブルで、71歳の男性の頭を踏みつけ意識不明になるという怖い事件が起きました…

71歳の男性が頭を踏み付けられ、意識不明の重体です。

 自称・建築業手伝いの小曽根清孝容疑者(47)は27日夜、茨城県ひたちなか市の路上で71歳の男性の頭を蹴ったり踏み付けたりするなどして、殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、2人に面識はなく、歩いていた小曽根容疑者と自転車に乗っていた男性が路上でトラブルになったとみられています。男性は脳挫傷と診断され、意識不明の重体です。小曽根容疑者は「殺すつもりはなかった」などと容疑を一部、否認しています。現場は畑と住宅が混在する地区で、約500メートルほど離れた場所に小曽根容疑者の自宅があります。

引用:テレ朝news

今回の衝撃の事件を起こした男とはどのような人なのでしょうか?

小曽根清孝容疑者のプロフィール


引用:テレ朝news

名前:小曽根 清孝(おぞね きよたか)

年齢:47歳

職業:建築業手伝い

住所:茨城県ひたちなか市津田

(事件現場から500メートル先の家)

顔画像は?

現在、顔画像は公開されていませんでした。

顔画像が、更新され次第追記致します。

Facebook、TwitterなどのSNSも探しましたが本人と思われるアカウントはありませんでした。

スポンサーリンク

犯行動機は?


引用:FNN

小曽根容疑者は、「カッとなってやった」と証言しています。

詳しい犯行動機は、現在調査中です。

しかし、二人に面識はありませんでした。

なので、おそらく

●夜の路上で起きた事件

●歩いていた小曽根容疑者と自転車に乗っていた男性とのトラブル

という事から、酒に酔っての犯行や、小曽根容疑者はキレやすい性格で路上トラブルに発展したのかもしれません。

でも、面識のない71歳の男性の頭を蹴ったり踏みつけたりして意識不明の重体にさせるなんて考えられないですよね…

小曽根容疑者は、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認していますが、意識不明の重体という事ですので何度も強く蹴ったりしたのでしょう…

加減が分からなかったとしたら怖いですよね。

事件現場は?

事件現場は、茨城県ひたちなか市の県道38号線より、西山団地に入った勝田津田郵便局の近くで起きました。

TVで報道されていた映像です。

引用:テレ朝news

引用:FNN

事件現場の近くにも、住宅が何軒かあります。

このような場所で殺人未遂事件が起きてしまったなんて恐ろしいですね。

まとめ

小曽根容疑者の詳しい犯行動機は現在調査中でした。

詳しい情報がわかり次第追記していきます。

それにしても、47歳の男性が71歳の男性が意識がなくなるまで暴行をしたなんて言葉を失いますね。

被害者男性の回復を祈ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする