大音清子の顔画像、犯行現場、動機は?福井県若狭町で義母と夫を刺殺!?

8月1日福井県若狭町神子で、大音(おおと)清子容疑者が一緒に住んでいた夫の上半身を刺し、怪我を負わせ、90歳くらいの義母の胸を刺し刺殺するという事件が起きてしまいました…

大音清子容疑者について、顔画像、プロフィール、犯行現場、犯行動機などについて調査していきます。

スポンサーリンク

事件概要

1日午後5時ごろ、福井県若狭町神子の民家から「人2人を包丁で刺した」と110番があった。現場に駆けつけた県警敦賀署員が血を流している男女2人を発見。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。男性は上半身を刺されたが、命に別条はないという。同署は現場の民家に住む無職の大音(おおと)清子容疑者(71)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。容疑を認めているといい、殺人容疑でも調べる。

引用:毎日新聞

71歳の大音容疑者が一緒に住んでいた二人を包丁で刺すという衝撃の事件。

被害にあった二人は介護が必要だったようです。亡くなられた90歳くらいの義母は認知症を患っていて介護施設通い

上半身を刺されたが、幸い命の大事には至らなかった夫の太郎さん(69)は車椅子生活

今回の動機はまだわかっていませんが、警察も介護などを巡り家族間でのトラブルがあったとして調査中のようですね。

無職の大音容疑者は高齢の二人の介護を一日中する事により精神を患ってしまったのかもしれません。

大音清子容疑者は、自ら

「人2人を包丁で刺した」

と通報をしていますし、自首をする覚悟で殺害に至ってしまったのでしょう…

殺人は決して許されるものではありませんが、介護疲れであるのならば周りの方々の支え、関わりがあれば今回の事件は防げたのかもしれません…

亡くなられた義母には、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

夫の太郎さんの一日でも早い回復をお祈り申し上げます。

大音清子のプロフィール

名前:大音 清子(おおと きよこ)

年齢:71歳

職業:無職

住所:福井県若狭町神子

家族構成:夫と義母の3人暮らし

容疑:殺人未遂容疑

スポンサーリンク

大音清子の顔画像は?

▼大音清子容疑者の顔画像

大音清子容疑者の顔画像は、現在公開されていませんでした。

今後、公開される事がありましたら追記致します。

大音清子の犯行現場は?

今回、犯行現場となったのは3人が住んでいた自宅の福井県若狭町神子の民家で起きました。

福井県若狭町は、綺麗な海で囲まれ宿場町の「熊川宿」や、全国名水百選にも選ばれる「瓜割の滝」などは観光スポットとしては有名のようですね。

そんな自然豊かな町で殺人事件が起きたのは近隣住民の方も驚いた事でしょう。

大音清子の犯行動機は?

犯行動機は、介護疲れの可能性が高いとして調査中です。

大音清子容疑者は、認知症を患う90歳くらいの義母と、車椅子生活の夫と3人暮らしをしていたようですね。

介護疲れの人を守るには?

介護に疲れ、将来を悲観しその結果…

介護疲れによる家族間の殺人は後を絶ちません…

そんな悲しい事件を1件でも減らす為には、介護を一人で抱え込まずに周りの力を借りて相談して助けを借りる事が必要になってきます。

介護で悩まない為のポイントを調査します。

①ボディメカニクスを身に体の負担を減らす

ボディメカニクスとは、力学の原理を使って、体の負担を減らす技術の事です。

体の負担を減らす為には、

①重心を低くして、両足を広げて支える面積を広くする

②相手に可能な限り近づく

③てこの原理を使い、起き上がる時に腰を支店にして回転する。

④相手の体の腕や足をできる限り小さくまとめる。

事を意識するといいです。

老々介護の場合は、自身の体の負担も大きいでしょうし少しでも楽な姿勢での介護がいいですね。

②相談をし、精神的負担を減らす

やはり大変な介護を一人でやり続けるのは精神的な負担も大きい事でしょう。

市町村の、介護相談専用の窓口の利用。

通院している先生方に相談。

親族や友達に愚痴を聞いてもらう。

など、人に相談する事で精神的負担を軽減する事が大切ですね。

今回事件の起きた、福井県若狭町でも、社会福祉士などに相談のできる窓口が「地域包括支援センター」に設置されていました。

③介護施設の利用

やはり、体力的な負担、精神的な負担を感じていたらプロにお任せしてみてはいかがでしょうか?

介護施設の利用などもいろいろあり

●日中にレクリエーションや日常のお世話をしてもらうデイサービス

(一日約400円~2000円前後で利用可能)

●最大30日だけ入所できる短期入所生活介護

(月額約4万円~利用可能)

●有料老人ホームや特別養護老人ホーム利用

(月額約6万円~利用可能)

やはり介護には、費用はかかってしまいますが、介護費用が軽減できる公共の制度などもあります。

例えば、公的介護保険を利用し、自己負担1割に合計額が同じ月に、一定の上限を超えた時、申請をすると「高額介護サービス費」として払い戻される制度などです。

こういった公的な支援なども利用し、無理をしすぎない事が大切ですね。

まとめ

一緒に住んでいた二人の家族を殺そうとした事件…

福井県若狭町の事件以外でも介護疲れによる殺人は後を絶ちません…

最悪な事件を引き起こす前に無理しずに相談して周りの力を借りる事が大切ですね。

そして、介護、育児などで悩んでいる方が近くにいたらこちらから声をかけていく事がこのような事件を減らす事になるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする