父親を放火殺人!木下玲子容疑者の顔画像・Facebookは?殺害動機は?福岡!

福岡県福岡市南区で父親に灯油をかけ殺害するという恐ろしい事件で、木下玲子容疑者(35)が逮捕されました・・・

とんでもない殺人をした木下容疑者のFacebook、顔画像、犯行動機について調査しました!

スポンサーリンク

事件概要

▼事件概要はこちら。

福岡県警は27日、自宅で父親に火を付け殺害したとして、殺人と現住建造物等放火の疑いで、福岡市南区の無職木下玲子容疑者(35)を逮捕した。南署に捜査本部を設置し、火を付けた詳しい経緯を調べる。

 逮捕容疑は21日午前0時半ごろ、同居する父恵一さん(71)に油のようなものをかけて火を付け、焼死させた疑い。

 捜査本部によると、寝室のベッドにいた恵一さんに火を付けたとみられる。木下容疑者はその後、現場に駆け付けた警察官に「自分が火を付けた」との趣旨の説明をしたといい、調べにも「間違いない」と容疑を認めている。

引用:毎日新聞

福岡県で、35歳の娘が71歳の父親に灯油をかけ焼死させるという恐ろしい事件が起きました・・・

娘に火をつけられた父親の恵一さんの気持ちを考えると胸が張り裂けそうに苦しいですね…

事件は、21日の午前0時半に起きたという事なので眠っている所の犯行だったのでしょうか?

この放火殺人により、家は全焼、一緒に住んでいた母親(67)も上半身にやけどを負ったという…

亡くなられた恵一さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

木下玲子容疑者のプロフィールは?

▼木下玲子容疑者のプロフィール

名前木下玲子  
年齢 35歳
職業 無職
住所 福岡県福岡市南区
容疑殺人と現住建造物等放火

木下玲子容疑者は、71歳の父親と67歳の母親の3人で暮らしていました。

35歳で無職。

父親は足が不自由で介護が必要だったという。

ずっと家にいて介護をするのは精神的ストレスがつらかったのでしょうか・・・

木下玲子容疑者の顔画像は?

▼木下玲子容疑者の顔画像がこちら!

木下玲子容疑者の顔画は現在、公開されていませんでした。

今後、情報が分かり次第追記致します。

スポンサーリンク

木下玲子容疑者のFacebookは?

木下玲子容疑者と同姓同名の方は何人かいらっしゃいましたが、本人と特定できるアカウントはありませんでした。

気になる方は、木下玲子での検索結果をみてみてくださいね。

▼Facebookアカウント情報

木下玲子でのフェイスブットアカウントでの検索結果

犯行動機は?

木下玲子容疑者は、「自分が火を付けた」と容疑を認めています。

しかし、父親に灯油をかけ殺害するという残虐な殺害をした動機とは何だったのでしょうか?

一番考えられるのは

■介護疲れによる殺人

ではないでしょうか?

父親の恵一さんは、足が不自由で介護が必要だったようです。

介護疲れによる殺人は、日本では10年の間に400件以上も起きているというのです。

玲子容疑者は、35歳という働き盛りの年齢。

外に出て働きながら、周りの手を借りながら生活をしたら何か変わっていたかもしれません。

3人の家族は、近所付き合いもあまりなかったようです。

その他考えられる動機としては、

■玲子容疑者が精神的に病んでいた

■父親とは昔から衝突が多く我慢の限界だった

などが考えられますね。

犯行理由が分かり次第追記致します。

犯行現場はどこ?

事件現場は、福岡県福岡市南区の木下恵一さんの自宅で起きました。

▼報道された自宅写真


引用:毎日新聞

立派な木造住宅ですね。

現場は西鉄天神大牟田線高宮駅から南西約2キロの住宅でした。

▼福岡県福岡市南区のGoogleマップ

ネットの反応

父親に火をつけた先に何があると考えたのだろう。精神障害のある人なんだろうか。背景が判らないですが、子が親を、ってのはあってはならない悲惨な出来事。 

父親は下半身が不自由だったと別記事に書いてたけど、介護だけの日々で精神的に追い込まれていたのだろうか
今回の件は言うまでもなく許されないことだけど、社会全体として、もっと前段階でこの家族を最悪の結末から救う方法はあったのではないかと思ってしまう。

いろんな事情があると思うが、その時の感情で一生台無しだな。

相当怨みがあったのでしょうか。それとも介護疲れでしょうか?
それにしても恐ろしい。
 

引用:Yahoo!JAPANニュース

まとめ

この事件は、娘が父親を焼死させるという最悪な事件が起きてしまいました。

どんな理由があるにしろ殺人はよくありませんが、もっと回りに話を聞いてくれる人、手を貸してくれる人がいたら助かった命のようにも思えます。

最悪の結果になる前に、虐待、介護疲れなど回りに悩んでいそうな方がいたら助けていける社会にしなくてはなりませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする