服部慎容疑者の顔画像は?3か月の長男に虐待。急性硬膜下血腫、鎖骨骨折。父親逮捕!

神奈川県横浜市で3か月の長男に暴行したとして父親の服部慎容疑者(32)が逮捕されました…

後を絶たない父親による虐待・・・

服部容疑者の顔画像、犯行動機とは?

スポンサーリンク

事件概要

引用:https://aoteen.net/baby-nakiyamanai/

生後3カ月の乳児を暴行し、重傷を負わせたとして、神奈川県警戸部署は15日、父親で横浜市西区老松町、飲食業、服部慎容疑者(32)を傷害容疑で逮捕した。日常的に暴行していた可能性があるとみて調べる。

 逮捕容疑は1月上旬から今月13日の間、自宅で生後3カ月の長男の両腕をつかんで上下に揺さぶったり、布団に投げたりするなどし、急性硬膜下血腫や鎖骨骨折などの重傷を負わせたとしている。「そんなに力を入れてやったわけではない」などと容疑を一部否認しているという。

 戸部署によると、服部容疑者は妻(24)と長女(1)、長男の4人暮らし。13日午後、長男の様子がおかしいことに気づいた妻が病院に連れて行った。長男はその後、別の病院に救急搬送され、この病院が虐待の恐れがあるとして同署に通報した。長女には目立った外傷はなかったという。

引用:毎日新聞

またもや、父親による虐待事件が起きてしまいました。

横浜市西区老松町で父親が3か月の長男を布団に投げたり上下に強く揺すぶったりして、鎖骨を骨折させるなどの重症を負わせたとして逮捕されまし。

この虐待は1月上旬から今月の13日の間まで続いていたという…

という事は、まだ首も座ってないであろう無抵抗の長男に対して激しい暴行を重ねていたという事。

すごく恐ろしいです。

一刻も早く赤ちゃんの状態がよくなることを祈ります。

服部慎容疑者プロフィール

引用:https://matome.naver.jp

名前:服部 慎

年齢:32歳

職業:飲食業

家族構成:夫(32) 妻(24) 長女(1) 長男(3か月)

住所:横浜市西区老松町

罪名:傷害

服部容疑者は、8つ年下の妻、1歳の長女、3か月の長男の4人家族だったよう。

本来であれば、年下の若い奥さん一男一女の子供達に恵まれ凄く幸せな家庭に見えるのに…

なぜ、虐待をしてしまったのでしょうか…

服部慎容疑者の顔画像は?

引用:http://www.google.co.jp

現在の所、服部容疑者の顔画像は報道されていませんでした。

今後、情報が分かり次第追記致します。

Facebookアカウントも調査致しました。

同姓同名の方は多くいらっしゃいましたが、本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

気になるかたはこちらの検索結果からご覧下さい。

服部慎でのFacebookアカウントの検索

スポンサーリンク

犯行動機は?



引用:https://woman.excite.co.jp

犯行動機については、現在は分かっていません

しかし、服部慎容疑者は

「そんなに力を入れてやったわけではない」

と、容疑を否認しています。

犯行動機として考えられるのは…

●泣き止まない赤ちゃんにイライラしてやった…

●3が月の長男に八つ当たりをした

●しつけと思いやった

●泣き止ませ方が分からず暴行をしてしまった

という事でしょうか?

3か月の赤ちゃんなら泣くのが仕事。

それなのに、それが暴行に繋がってしまった可能性が高いように思います。

しかし、服部容疑者の虐待内容がヤバすぎるのです…

虐待内容は?

引用:https://www.illust-box.jp

●長男の両手を掴み上下に揺さぶる

●布団に向かって投げつけた

その結果・・・

長男は急性硬膜下血腫や鎖骨骨折などの重傷

服部容疑者の3か月の長男への虐待は1月の上旬から今月の13日まで約1カ月にも渡り続いていたようです。

首も座ってない頃の赤ちゃんに対して、強く揺さぶったり布団に投げつけるなんてどう考えてもやりすぎですし異常な行動ですよね…

事件当時母親(妻)は何をしていたの?

引用:https://allabout.co.jp

今回、3か月の長男に暴行したとして父親が逮捕されましたが母親は何をしていたのでしょうか?

母親(妻)の情報として、分かっている事は24歳で1歳と3カ月の子を持つ母親。

今回、事件が発覚したきっかけは13日午後、長男の様子がおかしいことに気づいた妻が病院に連れて行った事でした。

まだ、言葉を話す事もできない赤ちゃん。

母親がすぐに赤ちゃんの様子に気付いて病院に連れて行ってくれて本当によかったです!!

急性硬膜下血腫や鎖骨骨折とは?

■急性硬膜下血腫

引用:http://twmu-mcens.jp

赤ちゃんは、頭が体と比べて大きく頭を打ってしまった時も手をついたり防御をする事ができません。

さらに、成長が著しい時期の為、脳の発達と頭蓋骨発達がアンバランスとなり頭蓋骨と脳の間に隙間ができて、頭蓋内出血を起こしやすくなります

頭部外傷の場合注意が必要なのは、6時間程度でそれ以降に急激に異常があらわれる事はまずありません。

このような典型的経過を取るのが急性硬膜外血腫と呼ばれる状態

つまり、急性硬膜下血腫とは、頭部を打ってしまった時に経過を取る状態。

今後、頭を強く打った事により麻痺などが起こると緊急の手術が必要になる場合もあります。

今後、赤ちゃんの容体が急変しない事を祈ります。

鎖骨骨折

引用:https://hitotsumugi.net

乳幼児における鎖骨骨折では、若木屈曲骨折ともいわれ、骨折した際、完全に鎖骨が離断するわけではなく、みずみずしい若木がぐにゃっと折れ曲がるような感じの骨折形態をとります。

固定することが主な治療となります。固定期間は約3週間ぐらいで、包帯や専用のベルトなどで両肩をたすき状に固定し、胸を開いて両肩を後ろに引くような姿勢を保持します。

固定除去後は特にリハビリなどの必要はありません。大人と違って関節が硬くなるなどの拘縮もほとんど起こらず自然に日常通りの動きに回復します。

また、変形したまま骨折部分が修復されても、成長とともに自然矯正 (再構築)され、変形などの後遺症を残さないことがほとんどです。とても予後は良好な骨折といえます。

乳児の鎖骨骨折は多くある事例のようです。

骨を固定する事で、2週間前後で完治するようです。

骨折に関しては、大事に至らない場合が多いようでよかったです。

一日も早く、赤ちゃんの容体がよくなる事を祈ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする